ローゼンそが保育園

特色

当園の保育内容は、養護と教育が一体となって展開していきます。


「養護」とは、子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わりを指し、「教育」とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助であり、「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域から構成されます。
0・1・2歳児の乳児クラスは、特定の保育者との関わりの中で、一人ひとりを大切にした保育を展開しています。3・4・5歳児の幼児クラスは、各年齢の発達過程をふまえながら保育を行い、異年齢交流も行っています。
食事に関しては、“食育”を取り入れ身体の発達や発育の増進を図るとともに、健全な食生活を目的としています。アレルギー食については誤食のないよう十分な配慮をしています。
睡眠に関しては、乳幼児突然死の予防をしっかり行い、定期的に呼吸の確認を行っています。
健康に関しては、お子さま一人ひとりの健康状態に常に留意し、園全体でお子さまの健康管理を図っています。

Copylight©ROSEN All Right Reserved.

ROSEN 社会福祉法人 千葉県福祉援護会