私たちは、地域社会になくてはならない存在でありたい 社会福祉法人 千葉県福祉援護会

ホーム > 法人情報|経営理念
経営理念
私たちは、地域社会になくてはならない存在でありたい

社会福祉を地域に開かれたものとし、刻々と変わる福祉のありようを地域に伝えていくことが当会のめざす方向であり、基本理念はそれを表現したものです。そして、この基本理念を実現させるための具体的な方策が基本方針(CARE2015)であり、日常の業務の中でそれを形にするための職員ひとりひとりのあるべき姿の追求を示したのが行動指針です。
思いである理念に向かって、方針というコンパスで方向を、指針という地図で進むべき道を明確にし、当会は一歩一歩この夢の実現に向けて歩んでいきます。

基本方針(CARE2015)  

福祉サービスが人を原点とすることから「5つのC」を守ります。

Customer Satisfaction

「ご利用者が何を求めているか、何をすれば満足していただけるか」を常に考えながら行動します

Creation

社会福祉の原理、原則をきちんと守りながら、福祉ニーズに応じたサービスを創造します

Challenge

人口減少社会において、厳しくしかも激動する経営環境のもとで、更なる発展・成長を遂げるため、将来のあるべき姿の実現に向けて常にチャレンジいたします

Compliance

法律や規則などに基づいた正しい倫理観をもって誠実にこうどうします

Cost Control

常にコスト意識を持って、収入最大・経費最小を実践し、安定した経営を実現します

All Rosen

お互いに相手を慈しみ、相手のために尽くす「利他の心」を持って全員参加型の経営を目指します

Renewal

社会福祉事業の理念を基本として、ご利用者第一主義をモットーに変えることを恐れず、常に最善を目指します

Excellent

日本の福祉を牽引する「社会的信用度の高い法人」を目指します

行動指針(私たちの道標)   私たちの使命は地域の福祉文化に貢献することである。 ご納得いただけるサービスを提供し、 ご利用者の豊かな生活の実現をめざします。

やすらぎを大切にいたします

楽しいひとときを大切にいたします

ふれあいを大切にいたします

笑顔を大切にいたします

安心のある暮しを大切にいたします

定款/報酬等支給基準  

定款はこちらからご覧いただけますPDF

報酬等支給基準はこちらからご覧いただけますPDF